印鑑・はんこ・会社印のことなら【はんこ堂】

弊店は象牙に関して環境省
経産省の認定業者です。

ハンコの部分別の呼び名

はんこは、私たちの生活の様々な場面で必要になります。ふだん使い慣れているはんこは、部分ごとに名称があります。部分別の名称を知ることで、より一層はんこを身近に感じることができると思います。部分別の名称を知る際、まず印顆と印影の違いを把握することがポイントになります。こちらでは、ハンコの部分別の呼び名をご紹介いたします。

印顆(いんか)

石や象牙などに絵や文字を彫り、インクや朱肉をつけて紙に押すと、絵や文字をうつすことができる物を印顆といいます。スタンプのようなゴム印なども含め、はんこの総称として使われる言葉です。印顆は何回押しても同一の絵や文字になる必要があるため、押すごとに絵や文字の形が変わるような柔らかい素材で作られた物は印顆とはいえません。

印影

印影とはインクや朱肉をつけた印顆を、紙などに押してうつしたものをいいます。

印面

印面とははんこを押した際に、印影をとるため絵や文字が掘られている面のことをいいます。

印側

印側とは、印面に接している部分です。はんこを押す時に持ち手となる面のことをいいます。丸印は弧を描いた形をしていますが、角印の場合は平面になります。

印材

印材は、まだ絵や文字が掘られていない印顆のことをいいます。単に象牙などのはんこの素材を意味するのではなく、はんこにするために素材の形を整えた状態のものが印材になります。

天とは、はんこを使用する際に上になる部分をいいます。この部分は半円状のような丸みをおびていますが、中には平面の物もあります。

ふだん何げなく使っているはんこにも、細かい部分ごとに名称が存在しているのです。

はんこ堂では通販にて印鑑を取り扱っております。実印や認印、会社印に最適な印鑑をはじめ、象牙の印鑑に和柄のケースをつけた2本セット、男性用・女性用のセット商品などもご用意しています。高級な印鑑からおしゃれな印鑑まで、種類豊富に取り揃えております。印鑑をお買い求めの際は、ぜひはんこ堂をご利用ください。

Copyright©2002-会社印セットや個人印鑑の通販 【はんこ堂】 All Rights Reserved