印鑑・はんこ・会社印のことなら【はんこ堂】

弊店は象牙に関して環境省
経産省の認定業者です。

印鑑のサイズ選びのポイント

一口で「印鑑」といっても様々な種類やサイズがあり、どのように決めれば良いのか迷われる方も多いのではないでしょうか。こちらでは、サイズ選びのポイントについてご紹介いたします。ぜひ購入する際の参考になさってみてください。

用途によってサイズを変える

印鑑を作成する際には、印鑑の種類ごとにサイズを選ぶようにしましょう。自宅にある印鑑を集めてみると、どれが実印でどれが銀行印なのか分からなくなり、契約時に慌ててしまうケースもあります。印鑑にまつわる失敗談のよくある話ですから、実印>銀行印>認印の順でサイズを決めておくことをおすすめいたします。用途別にサイズを決めていれば、使用する時にも迷うことなく安心です。

一般的に使われているサイズ

まずは日常的に使用する認印のサイズを決めましょう。認印の一般的なサイズは、10.5mmから最大でも13.5mmといったサイズが多く使用されています。こちらはご自身の手の大きさや、会社で使用する場合には役職を考慮して決めると良いでしょう。昔は上司よりも大きい印鑑は避けた方が良いといわれていたからです。
銀行印は認印よりも大きく、12.0mm〜16.5mmのサイズが一般的です。そして自分の分身ともいわれているほど重要な実印は、ある程度大きく重厚感のある13.5mm〜18mmのサイズが一般的とされています。

印鑑を用途別に作るのはなぜ?

実印、銀行印、認印をそれぞれ作るのは、管理のことを考えると少し面倒だと思うかもしれません。もちろん届出の際に同一の印鑑を使用すれば、実印と銀行印を同じものにすることは可能ですが、印鑑はなるべく用途別に作ることが望ましいといえます。実印と銀行印を一つの印鑑で兼任していて紛失してしまった場合、他人に悪用されてしまうと、単品で失くすよりも大きな損失を被るおそれがあるからです。
既製品の印鑑を実印として使用するのも、偽装されやすいリスクを考えると、きちんと実印を作成した方が安心です。

はんこの通販「はんこ堂」では、おしゃれな和柄を使用した印鑑や、高級感のある象牙を使用した印鑑、男性用・女性用のセット商品など、様々なタイプの印鑑を取り揃えております。個人印はもちろん、法人印も取り扱っておりますので、印鑑作成の際にはぜひお役立てください。

Copyright©2002-会社印セットや個人印鑑の通販 【はんこ堂】 All Rights Reserved