印鑑・はんこ・会社印のことなら【はんこ堂】

弊店は象牙に関して環境省
経産省の認定業者です。

はんこの豆知識

はんこ通販ショップ「はんこ堂」では、象牙や水牛などの高級素材を使用した印鑑をはじめ、印鑑ケース付きのかわいいおしゃれ印、会社で使用する法人セットなど、用途に応じた印鑑を取り揃えております。ご希望に合わせた社印もお作りしていますので、ぜひお気軽にご相談ください。
こちらでは、知っていると得するはんこの豆知識についてご紹介したいと思います。

印鑑とはんこの違いとは?

印鑑やはんこ、この二つの言葉は同じものを指しているように感じますが、実は全く違うものを表しています。「はんこ」とは、棒状で切り口が円形・楕円形・角型といったもので、組織や個人がその当事者であることを証明するための印です。そして「印鑑」とは、本来はんこを押印した際に残る文字や絵を意味しています。
近年では、印鑑もはんこと同じ意味で使われることも多くなっているようですが、本来は「印鑑をお願いします」ではなく「はんこをお願いします」と言う方が正しい使い方となります。ちなみに、はんこ・ハンコ・判子は同じ意味と捉えても問題ありません。

捺印と押印の違いとは?

はんこを押すことを「捺印」や「押印」と言いますが、この違いには諸説あるとされています。一つは、署名に対して押されたものを捺印と言い、記名に対して押されたものは押印という説です。
もう一つは、昔から使われていた捺印という言葉の「捺」の字が、当用漢字が制定された際に入らなかったために、公文書では押印を使うようになり、日常的には捺印という言葉が残ったという説です。この二つは、どちらも「印を押す」という行為を表している言葉で、「押捺(おうなつ)」という言葉もあるほど、今では同じ意味として使われています。

公的文書にシャチハタ式が適さないのはなぜ?

シャチハタ式(浸透印)はゴム素材でできているため、印面が柔らかく経年劣化しやすいことが理由に挙げられています。印面が柔らかいと変形や欠損により印影が変わってしまうため、公的文書への捺印は認められていないのが現状です。
また、一昔前ではインキが薄い、または滲み過ぎて印影が変わるといった理由もありました。シャチハタ式は手軽で便利ですが、印影の変化によって起こるトラブルを防ぐためには、きちんとした「はんこ」を作成していると安心です。

実印や銀行印、法人印などのはんこ作成は、高級はんこ通販「はんこ堂」へお任せください。即日発送も承っておりますので、お急ぎの方はお気軽にお申し付けください。

Copyright©2002-会社印セットや個人印鑑の通販 【はんこ堂】 All Rights Reserved