印鑑・はんこ・会社印のことなら【はんこ堂】

弊店は象牙に関して環境省
経産省の認定業者です。

はんこの起源

自動車を購入する時や銀行口座を作る時など、様々な契約の際に必要になるものがはんこです。
はんこには実印や銀行印、認め印など様々な種類がありますが、日本ではいつ頃からはんこを押す習慣が生まれたのでしょうか。
こちらでは、日本におけるはんこの起源についてご紹介いたします。

日本最古の印とは

日本ではんこが使い始められた時代はいつ頃なのか、現存する資料では調べることは難しいようです。
現存する日本最古の印は、歴史の授業でも習う国宝「漢委奴国王印」の金印です。
この時代には既にはんこを押す習慣があったのかもしれません。

金印は当時の筑前国、現在の福岡県で発見されたと言われています。
中国の後漢朝について書かれた後漢書には、後漢の光武帝が日本の倭奴国に金印を授けたという記録が残っています。

日本の印鑑制度のはじまり

日本で印鑑制度が整備されるようになったのは、律令制が確立されてからといわれています。
当時の印鑑制度は公印のみの使用で、私印の使用や製造は原則的に禁じられていました。
平安時代になると貴族の私印の使用が認められるようになり、有名な藤原氏の私印は現代にも残されています。
ただ、庶民の間ではまだ私印は普及しておらず、離婚届や契約書関連には自署するのが一般的だったようです。

戦国時代における印

戦国時代になると、多くの武将が私印を用いるようになります。
印文も戦国武将らしく力強い内容が多く、有名な印には織田信長の天下布武の印や豊臣秀吉の豊臣などがあります。
武将の印は権威や威厳を表したデザインが多く、印のデザインでその武将の性格が分かるほど迫力のある印を作っていたようです。

はんこ堂では会社印や代表者印、実印などのはんこを通販にて取り扱っております。
実印・角印・銀行印・スタンプ印をセットにした会社印セット、ケース付き・皮袋付きの個人用印鑑などをご用意しております。
個人の印鑑や会社印をお買い求めの際は、便利な通販で購入することができるはんこ堂をご利用ください。

Copyright©2002-会社印セットや個人印鑑の通販 【はんこ堂】 All Rights Reserved